ネットで稼ぐための情報サイト | SEO対策・アフィリエイト・稼げる情報

はじめSEO対策をする人のために、その方法をわかりやすく説明しています。また、アフィリエイト商材や稼ぐ方法なども詳細をご紹介しています。

初心者でも理解できるSEO対策・丁寧説明で完全攻略 | 優良アフィリエイトや、その日から稼ぐ方法なども詳細を説明しています。

集客にマッチしたキーワードの決め方

f:id:kikaiyacom:20191220145203j:plain

集客のためのキーワードを決める

検索結果からの集客はユーザーが検索エンジンにキーワードを入力した検索結果の画面から誘導されてくるという考え方が基本となります。もちろん集客ができるかどうかはSEOの対策の内容が大きく影響することは言うまでもありませんが、集客したい人たちに対して興味のあるキーワードが設定されているかどうかとうい事も非常に大切になってきます。SEO対策が成功して多くの集客が得られたとしても、キーワード設定にミスがあるとせっかく集客ができていても記事に興味がない人ばかりという事になり、せっかくのアクセスが売り上げにつながらないという事態になってしまうのです。

キーワードを決める手順

キーワードを決定するためには「集客したい人の興味があるであろうキーワード」を設定することが一番です。検索する人の立場になってキーワードを決定することが重要なポイントとなります。例えば、画期的な新商品の商品名をメインキーワードとした場合、商品名を知らない人はその商品名をキーワードとして入力することはありませんので、売り上げにつながるアクセス数を集めることができません。

集客したい人たちにマッチしたキーワードであること

キーワードの設定を間違えると成果に結びつかない。アクセスが増えたとしても記事に興味のない人たちが集まる可能性があります。

検索してくれるであろうキーワードを考える

だれも検索しないようなキーワードでは集客ができません。自分が検索する立場であったならば、どの様なキーワードを使って検索するのだろうかという事を想像しながらキーワードを決めるのも良いかもしれません。

まずはキーワードの大枠を決めましょう

基本は「メインキーワード + 関連キーワード」のセットで考えるのがベスト

最近では検索エンジンで検索する時に複数のキーワードを入力する方法が一般的になってきています。検索精度を上げるために検索者側みずから検索条件を絞り込んでいくわけですね。この様なことから検索する側の立場に立つと複数の単語でキーワードを考えると良いことになります。例えば、売りたい商品などの名称や種類をメインキーワードとしてそのキーワードに関係する単語を関連キーワードにして使用することができます。

関連キーワードを選定する方法

メインキーワードは、検索されるであろうと思われる商品の種類や名称などになり、検索される単語を使用します。関連キーワードは複数設定することも可能ですが、多く設定してしまうと逆にアクセスが減ってしまいますので、関連キーワードは1~2つ程度がおすすめです。

関連キーワードの種類

関連キーワードとは、「地名」「特徴」「付加価値」などのことになります。一般的にはこの3種類となり、必ずメインキーワードを第1キーワードとしてその次に関連キーワードが入ります。

 

では、メインキーワードに対してどの様に関連キーワードがよくつかわれいるのか? また、そうやって調べればいいのか? これについては実は簡単に調べる方法があります。その方法は次回の記事で説明します。